vio脱毛は恥ずかしい?ハイジニーナ脱毛体験談まとめ

VIO光脱毛、以外とIラインをやってくれる所は少ない

VIO脱毛をしようと思ったきっかけは、生理の時にむれにくくなるという話をきいたのと、やはり見た目が気になるからでした。気になってセルフで剃ってみたりもしましたが、生えかけのときにちくちくしてかゆいので、いっそのこと脱毛しようと決めました。

通ったエステはTBC(エピレ)で、光脱毛をしました。TBCには針脱毛といって、ほぼ永久に生えてこないような脱毛もありましたが、とても痛そうなので光にしました。またエピレに決めた理由は、いくつか見積もりを出してもらった内で一番値段が安かったというのと、脱毛をしてくれる範囲が広かったからです。以外とIラインをやってくれる所は少なかったと思います。

光ですので、ぱちぱちと少し熱い程度の痛みで、わたしはすぐ慣れました。

エピレではバスローブのようなものに着替え、紐のパンツで脱毛を受けました。事前に剃ってくるようにとの指示があり、剃りが甘い場合は当日剃ってくれました。姿勢は、VIラインはあおむけで、光を当てる部分だけを出していました。ローブが捲れる場合は別途タオルをかけてくれたりしました。Oラインは四つん這いになり、これは相当恥ずかしかったです。人生において、人様にそのような部分を明るい場所で見せる事なんてほとんどないので、それはそれは恥ずかしかったです。

こちらにかかった料金は、VIO5で9回80000円ほどでした。最初にローションを1本(¥1500程度)を買い、それ以降は多少の勧誘がありましたが買い足しませんでした。

VIO脱毛をしてみて、毛量が全体的に減ればいいなと思っていたので、それは減ったように思います。やってみて後悔はないです。

 - 体験談